2010年10月

今でも信じている出会いと恋のジンクス

世の中にはたくさんの、恋愛にまつわるジンクスがありますよね。あなたもすぐ思い出せるものがいくつかあるのでは? そんな恋愛のジンクスの中で、20代女子が今でも信じているものは一体どんなものなのかを人気の出会い掲示板で調べてみました!


●第1位/結婚式に行ったらゲットしたくなる! 「花嫁のブーケをもらった人が次に結婚する」……47.9%
○第2位/なぜかデート後ギクシャクする!? 「初デートで遊園地に行くと別れる」……17.6%
●第3位/ここのニキビはいいニキビ!? 「あごにできたニキビは誰かに思われている証拠」……15.7%
○第4位/風邪をひいた証拠じゃない!? 「3回くしゃみをしたら、誰かに好かれている」……10.9%
●第5位/植物の成長が愛に結びつく!? 「ワイルドベリーを育て実らすと恋人ができる」……5.1%
○第6位/思いがピンを落とさせる!? 「ヘアピンがいつの間にか取れていたら、好きな人から思われている」……3.2%
●第7位/階段を上がるのが楽しみになる! 「上り階段でつまづくと、誰かに想われている証拠」……2.9%
○第8位/金曜は絶対ネイルケアしない! 「金曜日に爪を切ると失恋する」……1.6%
●第9位/恋したら靴を買ってみる! 「新しいクツを買った次の日、雨が降ると恋が叶う」……1.0%
○第10位/靴紐のある靴をはくのが楽しみになる! 「右側の靴ヒモがほどけたら、両思い」……0.6%

ダントツの47.9%で第1位は「花嫁のブーケをもらった人が次に結婚する」でした! このジンクスは、今や知らない人はいないくらいポピュラーなもの。結婚式でもよく行なわれる出し物なので、出会いを探すためにも参加して信じている人が多いのかもしれませんね。
第2位は17.6%で「初デートで遊園地に行くと別れる」。初めて彼とお出かけするときは、遊園地はなるべく避けるなんて女性もいるみたい。似たようなジンクスに「初デートで公園のボートに乗ると別れる」なんていうのも。
第3位は15.7%で「あごにできたニキビは誰かに思われている証拠」がランクイン。ニキビができると憂鬱になるものですが、あごにできたときだけは別!? ちなみに鼻頭にできたニキビは両思いの印という話も。
迷信だなんていわれることも多いジンクスですが、近世になってから裏付けがとれたものもいくつかあるそうです。もしかすると、ジンクスには先人たちの出会いと別れの経験から生まれた知恵が詰まっているのかもしれませんね。


つい信じちゃうけど、実際はどうなんでしょうね…


花嫁のブーケをもらった人が次に結婚する

言いますよね。結婚式に行った後で、よく話題になります。

確か3年前にゲットしたが、

今年の夏、恋人と別れました。

・・・まあ、そんなこともあるわな。

別れありきの人生、恋人が全てじゃない、ときには複数のセフレと遊びまくるのもありだと思う。




出会いを遠ざける恋のNG言葉

出会いを遠ざけるNG言葉を知っていますか?

■「だって」「でも」が口グセになっていませんか?

女目線で見ても、いい意味で「お嫁さんにしたいタイプ」のN子さん。落ち着いた雰囲気で家庭的な女性ですが、つきあっている彼に振り回されてばかりいます。

「浮気しているかもしれない」「約束したのにドタキャンされた」など、話を聞いていると彼への愚痴が次々に出てきます。 そんなにつらいなら別れを考えてもよさそうですが、「だって」「でも」と別れられない理由を並べるので、どうやら自分からせっかくの出会いを振り払うように別れを切り出す気持ちはなさそう です。

彼女にはもっといい相手が現れそうなのに、と周囲が思っていても「別れ」という変化を恐れる気持ちと、不満を抱きながら今の彼とつきあっていくことを比べたとき、N子さんは変化を選ばず、相手に変わってくれることを強く望んでしまうのです。

その彼との別れを決断することで新しい出会いが彼女に訪れるかもしれません。また、相手に変わってくれることを期待しないで「その彼を選んだ」 覚悟を決めれば、自分に言い訳することもなくなるでしょう。 「だって」「でも」が口グセになっているというのは、納得していないことを続けている証拠。自分にとっての幸せな恋愛を遠ざけている原因になっているので す。

■「もう年だし」「どうせ」「私なんか」と自分を卑下していませんか?

アンケート結果など数多くの女性のコメントを見ていると「もう年だし」「どうせ~」という言葉を目にします。小さなアンケート欄にわざわざ書くということは、日常でも当然のように「私なんか」などと自分を卑下していることが予想されます。

「そんなことないよ」とフォローしてくれるのを待っている人もいるかもしれませんが、逆の立場になってみてください。もし、男性にいちいち「僕なんか」「年だし」と卑下されたら対処に困ると思いませんか? また、謙虚でいることと卑下することは全然違います。

■「わからない」「知らない」など、投げやりな言葉は嫌われる

意地を張って知ったかぶりをすることもありませんが、せっかく話をしたくても「わからない」「知らない」では、そこで会話終了。話が盛り上がらないまま終わってしまいます。

知らないなら教えてもらおう、という気持ちを相手に見せられるかどうか。逆に自分の得意分野だけ偉そうに語るよりも、その人にとって興味のあることを教わるほうがより相手のことを理解できるようになります。

「わからない」「知らない」で終わらせるのではなく「教えてください」という姿勢を見せることで印象が全く違ったものになるのです。 自分のことも相手のことも言葉でバッサリ否定するのではなく、肯定しながら少しずつ距離を近づけていくこと。また、自分の口グセを意識することで、自分の 問題点が浮かび上がってくることがあります。恋のNG言葉に気をつけて、素敵な出会いを引き寄せてみてください。


ふむふむ。


恋愛以外で同性でもこれらが口癖の人は、一緒にいていい気持ちにはならないです。

不幸せにする呪文です。

自分でもネガティブな言葉は、言わない様に気をつけております。

ポジティブ1番ですね。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ