PS3

「プレイステーション 3はまだ“まっかっか”だが、黒字に持って行く」――ソニーの大根田伸行CFOは5月14日に開いた決算会見でこう述べた。

2009年3月期のプレイステーション 3(PS3)売り上げ台数は1006万台(前期は912万台)と目標の1000万台を突破。ソフトは1億370万本(前期は5790万本)と倍増した。

ハードのコストダウンも想定通り進んでいるが、3月末時点ではいまだに「価格に対してコストが10%程度上回る逆ざや状態」(大根田CFO)という。

黒字化の鍵は、「コストダウンと数量アップ、ネットサービス強化」。特にネットサービスについて、「『PlayStation Network』の利用者は世界2300万人いる。ネット経由でのソフト販売も1年で3倍ぐらいに拡大し、パッケージソフト数千万本分ぐらいにはなるのでは」と期待をかける。

「プレイステーション・ポータブル」(PSP)は踊り場だ。同期の販売台数は1411万台(前期は1381万台)と、目標の1500万台を下回った。ソフトは5030万本と、前期の5550万本より9%減っている。

「PSPはソフト装着率(ハード1台当たりのソフト販売本数)が他社ハードより少なく、本体の販売台数増がソフトにつながっていない。ネットサービスを充実させ、PS3やプレイステーションのソフトも使えるようにするなどして装着率を上げたい」

10年3月期の販売目標は、PS3が1300万台、PSPが1500万台。ゲーム事業全体では同期も赤字を見込む。

09年3月期のゲーム事業の売上高は、プレイステーション 2の売り上げ減少が響いて前期比8%減の1兆531億円。営業損益は585億円の赤字だったが、PS3ハードのコスト削減やソフトの売り上げ増が貢献し、前期の1245億円の赤字からは縮小した。


wiiに負けるな。

プッシュトーク

NTTドコモは5月8日、「プッシュトーク」を2010年9月30日に終了すると発表した。

2005年11月にスタートしたプッシュトークは、PTT(プッシュ・ツー・トーク)と呼ばれる技術を使った“電話でもメールでもない”音声通信サービス。ドコモの対応機種同士であれば電話番号で指定した相手に音声メッセージを送信できるもので、電話のようにお互いの声が常に聞こえる(全二重通信)のではなく、トランシーバーのように話すときと聞くときに端末の動作が切り替わる(半二重通信)のが特徴。音声は1回30秒まで同時に4人まで送信でき、自分を含めた最大5人で会話が行える。

料金は1回の発言ごとに5.25円。良く使うユーザー向けにプッシュトークが使い放題になる「カケ・ホーダイ」(月額1050円)、法人向けに最大20人、200グループまでの定額通話を提供する「プッシュトークプラス」(1回線2100円/月+管理料 1万500円/月)も用意された。これらカケ・ホーダイとプッシュトークプラスについては、2009年9月30日に新規加入の受付を終了する。

プッシュトークを終了する理由についてドコモは、「ファミリー割引によるグループ内無料通話の提供、パケ・ホーダイダブル導入などによるコンシューマ市場の変化に伴い、経営資源を集中させるため」と説明している。現在、プッシュトークに対応した端末は約2400万台。月間10万人程度の利用があるという。

なおドコモは、5月19日に2009年夏モデルと目される新端末を発表するが、新端末については「プッシュトークに対応するかどうか、現段階でコメントできない」(ドコモ広報)とした。

同様のサービスにはプッシュトークと同じく2005年11月にスタートしたKDDIの「Hello Messenger」があるが、こちらは2009年8月末のサービス終了が発表されている。

てか、使ってる人を見たことないよ。おさいふケータイも使わんしなあ…GPSは結構使う!

月曜日

月曜日の朝ほど、目覚めが悪い朝はない・・・
そんなブルーな気分を治す方法はないのか?

「ブルーマンデー症候群」とは、数十年前から聞かれるようになった言葉。休み明けの月曜日に、仕事への不安を感じたり憂鬱になってしまったりする症状のことを指します。休みを満喫した日曜日の夜、「会社へ行きたくないなぁ」なんて思うことってよくあること。とはいえ、1週間の始まりである月曜日を憂鬱な気分のままスタートしたくありません。「ブルーマンデー」を感じることがあるという働く女性の皆さん、どうやって対処していますか?

●好きな音楽をかけて、おいしい朝ごはんを作る!(24歳/企画)
「月曜日の朝だけはテレビをつけず、好きな音楽を少しだけ大きなボリュームで流します。音楽を口ずさみながら料理をしていると、ふさぎがちだった気持ちがあっという間にハッピーになりますよ」

気持ちの切り替えは行動から。無理にでも楽しそうにしていると本当に楽しくなってきたりしますよね。

●水場をキレイにする(25歳/営業)
「風水の本に『水場をキレイにしておくと、物事の流れがよくなる』と書かれていたので(笑)。1週間の仕事の流れがよくなるようにという気持ちを込めて、シンクまでピカピカにしてから出勤します」

水場がキレイだと、帰宅してからも気持ちがよさそうです。シンク磨きに夢中になりすぎて、遅刻しないように気を付けて!

●無理やりにでも、体を動かす(26歳/編集)
「『イヤだー、会社へ行きたくないー!』と叫びながら、無理やり体を布団から起こします。布団から出るまでは苦痛ですが、会社へ行く準備をしている間に憂鬱もどこかへ消えてしまっています」

あえて出勤への憂鬱を認めてしまうということでしょうか。「駄々っ子法」と名付けてみてはどうでしょう。

●週半ばに楽しみを作る(23歳/アパレル)
「『水曜日になれば大好きなジャニーズが出ているドラマ』『木曜日は気になる海外ドラマ』というように、週半ばに楽しみだと思うことを作ってモチベーションを上げます! 私の場合、テレビばっかりですが(笑)」

無意識のうちにこの方法を実践している女子は多いかも? 春ドラマも始まったばかりなので、これからもますます目が離せません。

●1時間早めに起きる(28歳/公務員)
「日曜日の夜はなるべく早めに寝て、月曜日はいつもより1時間早めに起きるようにします。早起きをしたというお得感で、憂鬱も薄れますよ」

早起きがなかなかできなくなってしまった人にこそ有効な方法? いつもと少し違うことをするのが憂鬱改善への一歩なのかもしれません。


4月になったから心機一転、うまく月曜日の憂鬱とサヨナラできるといいですよね。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ